2007年12月03日

Schnapps

久しぶりにIBEEでドイツの友人クリス・ウィーデンベック(Chris Wiedenbeck)と会うことができ、おみやげにシュナップス(Schnapps)を買ってきてくれました。
クリスは、元々レコーディングエンジニアで73−74年頃はイギリスでRoxy Music、その後プロコルハルムのレコーディングを行い、ドイツではニッキー・ホプキンスのレコーディングなども行っています。以前私の仕事上のコンサルタントをしてもらって以来のつきあいで、現在はPAモニターで有名なMayer Soundと日本のHyfaxの仕事をしています。
http://www.cwaudio.com/jap/index-jap.htm

Shnapps_01.jpgさてさて、Schnappsといっても日本ではあまりなじみがないと思いますが、いわゆるスピリッツ系のお酒で、ドイツでは食後酒として非常にポピュラーなお酒です。
何度かドイツに行った際に買ってきたものをあわせてご紹介しましょう。


Shnapps_02.jpg
こちらが、今回おみやげでもらったもので、フランス産のシュナップスで、クリスのお気に入りということです。
シュナップスにはいろいろな果物から作られるものがありますが、Williamと書いてあるのはペア(洋なし)のシュナップスで、ここでご紹介するのはすべてペア・シュナップスです。
まだ、あけていませんのでお味の方は謎。



Shnapps_03.jpg
こちらは、一昨年スペインに行った帰りに空港で買ってきたもの。
洋なしがボトルの中に入っていますが、これはボトルの中で洋なしの実を育てたものだそうです。
少し甘みの強い香りのよい味わいです。





Shnapps_04.jpg
こちらは、昨年ワールドカップの時にドイツに行ったときにバド・ホンブルグという町のスーパーで買ってきたもの。
値段もお手頃なので何本も買ってきましたが、すっきりした味わいです。とは言ってもシュナップスはグラッパみたいなもんでアルコール度数も40度以上ですからがっつり効きます。



Shnapps_05.jpg

これは、私が最初に出会ったシュナップス。
ハノーバーへ行ったときにレストランで食後に出たもので、その地方の特産だそうです。あんまりにもおいしかったのでレストランの方にボトルを見せてもらい、同じブランドのものを買ってきました。
何年も前に買ってきたのですが、キャップがもげてしまって飲めない状態で残っています。
こちらもボトルの中に洋なしが育っているタイプ。
これを飲んで感激して買ってきたんだなぁ・・・
posted by Jun at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7503579

この記事へのトラックバック